※あなたの足の専門院として「整足院」に院名が変わりました!《商標登録》

【外反母趾(足の痛み)専門】

かしわぐら整院®️ 

〒145-0071東京都大田区田園調布2-50-12
ガゼボ田園調布102
田園調布駅より徒歩2分

営業時間
【完全予約制】
(月)(火)(水)(金)(土)(祝日)
10:00〜20:00
  定休日  
木曜・日曜

ご予約・お問い合わせはこちら

03-6321-2753

※定休日やお急ぎの場合はこちら

080-9440-3210

正しい「立ち方」!!
2018.3.10

こんばんは!

柏倉 清孝(かしわぐら きよたか)です。

今回もブログを見ていただき、ありがとうございます。

 

 

今回は正しい立ち方についてです。

 

当院では

足型・足底圧の測定や、

歩き方

立ち方

チェックさせていただいていますが、

 

正しく・自然に 立てている方が

少ないです。

 

当院でのチェックポイントは

「膝の遊び」です。

膝をやわらかく、クッション機能として使えているかということです。

 

膝曲げ立ちを推奨しています。

ほんの少しです。

曲げすぎるとスクワットトレーニングになってしまうので…

膝をまっすぐに突っ立っている状態から、

ほんの少し軽く曲げて、ロックを外すイメージです。

 

 

「浮き指」、「外反母趾」、「偏平足」等があると

重心が後ろに片寄り、

体の上部でそのアンバランスを補い始めます。

そうすると、膝をまっすぐ、あるいは、

逆に曲がる反張膝」傾向になり、

長時間その状態では関節に圧力がかかってしまいます。

そして、防御反応として膝裏に

脂肪をクッションとして蓄えてしまいます。

※それが脂肪種→ベイカー嚢腫となります。

 

また、骨盤もそれに伴い「前傾」し、

反り腰」傾向になります。

加えて、おなかが前に出てしまい、

おしりも後ろに出てしまいます。

 

電車で立っている時や、

台所で立っている時、

仕事で立ちっぱなしの時等、

ほんの少し「膝曲げ立ち」を

意識してみましょう!

 

「膝曲げ立ち」をすると、

足裏の重心の位置も

かかと寄りから、自然と前に移動し、

自分の正しい重心位置で立ちやすくなります。

 

 

 

また次回も

整足ブログを

よろしくどうぞ☆

 

「かしわぐら整足院」足の痛み・バランス整体

※対象疾患

外反母趾、浮き指による痛み・不調、足趾付け根の痛み・モートン病、

かかとの痛み、足底筋膜炎、甲部の痛み、指の間のタコ・ウオノメ、

足首の痛み・緩み、足首の脂肪種・ガングリオン等…

 

これらの足の不安定に伴う、

足首・膝・腰・股関節・背中・肩・首の症状等…

【足のお悩み】
まずお電話でご相談ください!

03-6321-2753

※定休日やお急ぎの場合はこちら

080-9440-3210

受付時間 【完全予約制】

10:00~20:00

定休日

木・日・祝日

お問合せ・ご予約

03-6321-2753
080-9440-3210

ご予約・ご相談をお電話にて受け付けております。
※定休日やお急ぎの場合は携帯番号におかけください。

院長プロフィール

柏倉 清孝
資格
  • 国家資格 柔道整復師
  • 柔道 初段
  • 保健体育科 教員免許
  • 救命講習修了
  • レッシュ4スタンス理論
  • 手話対応 可

疑問や不安、
お問い合わせください!