※あなたの足の専門院として「整足院」に院名が変わりました!《商標登録》

【外反母趾(足の痛み)専門】

かしわぐら整院®️ 

〒145-0071東京都大田区田園調布2-50-12
ガゼボ田園調布102
田園調布駅より徒歩2分

営業時間
【完全予約制】
(月)(火)(水)(金)(土)(祝日)
10:00〜20:00
  定休日  
木曜・日曜

ご予約・お問い合わせはこちら

03-6321-2753

※定休日やお急ぎの場合はこちら

080-9440-3210

「ゆびを開くだけ」の危険性?!
2018.4.2

こんにちは!

「整足」整体師の 柏倉 清孝(かしわぐら きよたか)です。

今回もブログを見ていただき、ありがとうございます。

 

このブログでは、

毎日10人以上の患者さまの足を診て、治療して、

分かったこと、気づいたことを

シェアしていきたいと思います。

 

 

患者さまや同業者に聞くと、

外反母趾の治療というと、

「ゆびを開かせる」

「親指を引っ張る」

「親指と2本目の指の間に物を挟む」

と思っている方がほとんどのようです。

 

ゆびを引っ張る、無理に開かせるのは

危険です!

5本の足指の骨をつなぐ靭帯が緩んでしまい、

『開帳足』になっていき、

余計に「外反母趾」「浮き指」「扁平足」になってしまいます。

 

 

 

外反母趾治療・浮き指治療で、最も重要なことは……

「締める」ことです!

 

ボクサーが、手(中手部)にバンデージを巻いて、

「怪我の予防」「握力や指に力が入りやすくなる」のと同様に、

足も中足部を締めることにより、足指に力が入りやすくなります。

 

また、足をついて荷重した際に、足の幅は横に2~3cm広がります。

そこで、横アーチ&縦アーチがつぶれ過ぎないように、

適度に中足部を締める必要があります。

 

中足部を締めた上で、

二番目に、ゆびを開かせて使いやすくする必要があります。

あくまでも優先順位の一番は、

「締めること」です。

むしろ、中足を締めるだけでも良いくらいなのです。

 

 

 

また次回も

整足ブログを

よろしくどうぞ☆

 

「かしわぐら整足院」足の痛み・バランス整体

※対象疾患

外反母趾、浮き指による痛み・不調、足趾付け根の痛み・モートン病、

かかとの痛み、足底筋膜炎、甲部の痛み、指の間のタコ・ウオノメ、

足首の痛み・緩み、足首の脂肪種・ガングリオン等…

 

これらの足の不安定に伴う、

足首・膝・腰・股関節・背中・肩・首の症状等…

【足のお悩み】
まずお電話でご相談ください!

03-6321-2753

※定休日やお急ぎの場合はこちら

080-9440-3210

受付時間 【完全予約制】

10:00~20:00

定休日

木・日・祝日

お問合せ・ご予約

03-6321-2753
080-9440-3210

ご予約・ご相談をお電話にて受け付けております。
※定休日やお急ぎの場合は携帯番号におかけください。

院長プロフィール

柏倉 清孝
資格
  • 国家資格 柔道整復師
  • 柔道 初段
  • 保健体育科 教員免許
  • 救命講習修了
  • レッシュ4スタンス理論
  • 手話対応 可

疑問や不安、
お問い合わせください!