※あなたの足の専門院として「整足院」に院名が変わりました!《商標登録》

【外反母趾(足の痛み)専門】

かしわぐら整院®️ 

〒145-0071東京都大田区田園調布2-50-12
ガゼボ田園調布102
田園調布駅より徒歩2分

営業時間
【完全予約制】
(月)(火)(水)(金)(土)(祝日)
10:00〜20:00
  定休日  
木曜・日曜

ご予約・お問い合わせはこちら

03-6321-2753

※定休日やお急ぎの場合はこちら

080-9440-3210

外反母趾以外に[足の痛み]で多い症例3つ
〜整足院 院長が徹底解説!〜
vol.2

外反母趾以外にも、

足の痛みや不調の種類はたくさんあります。

 

前回に引き続き、

整足院にいらっしゃる「患者さんの主訴」で多いものを、

厳選して 3つ 紹介していきたいと思います。

 

 

①浮き指による

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

 

足には、歩行中に必須の2つの機構があります。

 

⑴「ウインドラス機構

足指のつけ根が曲がる(背屈する)際に、

足底筋膜(足底腱膜)が巻き上げられます。

足底筋膜が突っ張ることにより、アーチが崩れすぎず「安定性」が保たれ、

また元に戻ろうとするバネのような力で「歩行中の前への推進力」になります。

⑵「トラス機構

足に体重が乗った際にアーチが潰れます。

その際に足底筋膜(足底腱膜)が突っ張り、「衝撃吸収」を行います。

 

要するに荷重時にも歩行時にも、

足底筋膜(足底腱膜)が突っ張り、構造の破綻を防いでいます。

特に「浮き指」の状態だと、

このウインドラス機構の「足底筋膜の巻き上げ」が、

歩くたびに繰り返し起こってしまいます。

 

そうすると

足底筋膜(足底腱膜)の実質の痛み・張り・炎症が起こっていきます。

 

 
 

②その悪化による

踵骨棘(しょうこつきょく)

 

前述の足底筋膜炎の状態が、

慢性化・長期化してしまうと、

足底筋膜の付着部である「かかとの骨の前方」に、

牽引性の負担による「踵骨棘」というトゲが形成されていきます。

前方の足指に向かって伸びるトゲになります。

 

 

③かかとの打ち付けによる

踵骨骨底棘(しょうこつ こっていきょく)

 

浮き指だと かかと重心になり、

歩行のたびに「かかとの打ち付け」が起こります。

それが慢性化・長期化してしまうと、

かかとの打撲状態による「踵骨骨底棘」という、

地面に向かう大きなトゲ・変形を起こします。

 

 

【解決方法】

①、②、③にしても

「浮き指」状態により、

『過度な負担』がかかり、

『オーバーユース』になり、

損傷・炎症・骨棘形成が起こってしまいます。

 

足指がしっかり踏ん張れていない

「浮き指」状態を改善することにより、

今回取り上げたような 辛い痛み・症状も緩和し、

痛みの出ない足を目指していくことが可能になります。

 

 

 

日本で唯一の【整足院®️】

「整足」整体師

柏倉 清孝(かしわぐら きよたか)院長のブログ

 

今回もブログを見ていただき、ありがとうございました。

このブログでは、毎日10人以上の

患者さまの足を診て、治療して、

分かったこと、気づいたことを

これからもシェアしていきたいと思います。

 
 
 

また次回も引き続き「足の痛み」症例の徹底解説を行なっていきます!

整足ブログをよろしくどうぞ☆

 

「かしわぐら整足院」足の痛み・バランス整体

※対象疾患

外反母趾、浮き指による痛み・不調、足趾付け根の痛み・モートン病、

かかとの痛み、足底筋膜炎、甲部の痛み、指の間のタコ・ウオノメ、

足首の痛み・緩み、足首の脂肪種・ガングリオン等…

 

これらの足の不安定に伴う、

足首・膝・腰・股関節・背中・肩・首の症状等…

【足のお悩み】
まずお電話でご相談ください!

03-6321-2753

※定休日やお急ぎの場合はこちら

080-9440-3210

受付時間 【完全予約制】

10:00~20:00

定休日

木・日・祝日

お問合せ・ご予約

03-6321-2753
080-9440-3210

ご予約・ご相談をお電話にて受け付けております。
※定休日やお急ぎの場合は携帯番号におかけください。

院長プロフィール

柏倉 清孝
資格
  • 国家資格 柔道整復師
  • 柔道 初段
  • 保健体育科 教員免許
  • 救命講習修了
  • レッシュ4スタンス理論
  • 手話対応 可

疑問や不安、
お問い合わせください!